戦国時代の駅前のカルチャースクールを考える

取得元:http://warapappa.jp/archives/1603330.html

戦国時代と云えば、15世紀後期から16世紀後期にかけての時期のことで、織田信長や豊臣秀吉ら戦国大名が活躍した時代のことですね。個性的な人物が、天下をかけて戦った時代で、映画や小説、ゲーム、漫画などで様々なジャンルで作品が作られる人気の時代ですよね。

さてそんな戦国時代前後に、もしも現代のカルチャースクール的なものがあったとしたら、どんなものになったでしょうか?今日は「戦国時代の駅前のカルチャースクールを考える」と題しまして、カルチャースクールのチライを考えてみました。コチラです。




一休さんは本人が講座には出ないので(1481年没)要注意ですね。



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター

 

関連記事: